その他

WordPressの有料テーマはこうやって選ぶ!超重要なポイント4つ

「WordPressの有料テーマを買おうと思っているけど、どれがいいのか分からない」

「どのテーマを選べばいいのだろう」

 

WordPressの有料テーマって本当にたくさんありますよね。

ちなみに僕はこのサイトでも紹介しているアフィンガー5を使っています。

 

僕自身もどのテーマを買おうか非常に悩みました。

アフィンガー5を使っているうちに「有料テーマはこういう基準で選んだ方がいい」といったことが分かってきたので、個人的なWordPressの有料テーマの選び方をこの記事でまとめていきます。

WordPressの有料テーマはどんなサイトを作りたいかで選ぼう

まず結論からいうと、有料テーマは作りたいサイトに合わせて選びましょう。

  • ブログ
  • アフィリエイトサイト
  • 2chまとめのようなキュレーションサイト

これは一例ですが、どのサイトを作りたいかでテーマを選ぶポイントが異なります。

 

一般的にいわれているのは

・ブログ向きのテーマ:STORK(ストーク)、SANGO(サンゴ)
・アフィリエイト向きのテーマ:AFFINGER5(アフィンガー5)、賢威
・キュレーションサイト向きのテーマ:STINGER(スティンガー)、Simplicity

といったところでしょうか。

 

もちろんどのテーマを買ってもサイトの形式に関わらず使用することはできます。

例えばアフィンガー5でブログをしたり、とかですね。

 

しかしそのテーマが得意としないサイトの形式で使用することはおすすめ出来ません。

その理由を次から話していきます。

 

WordPressの有料テーマの選び方。重要なポイント4つ

テーマごとに「このテーマはブログ向き!」というように、開発者が使用用途をある程度決めてテーマを作っています。

 

そのため、そのテーマが得意とするサイトと合っていないと「不便だな」と感じたり、「こういう機能が欲しかったな」といった場面が出てきちゃうんですよね。

 

そういった不適合を避けるために作るサイトをイメージしてから有料テーマを選ぶわけです。

どういったポイントに気をつけて選べばいいのかを次から具体的に説明していきます。

 

1. サイトのデザイン

分かりやすい例はブログでよく使われているストーク。

誰でも簡単におしゃれなサイトが作れるのが特徴です。

そんなおしゃれサイトが「30代独身サラリーマンの徒然日記」みたいなブログであれば違和感はありません。

パッとみで「個人的に書いているブログなんだな」と分かりますし、差別化が必要なブログはおしゃれなデザインは強い武器になります。

 

ところがこれが「脱毛サロン徹底比較.net」みたいなサイトであればどうでしょう。

読者は「このサイトはブログ?本当に比較サイトなの?」と疑問に思ってしまい、成果につながらないことが考えられますね。

 

普段ネットサーフィンをしているときのことを思い出してもらいたいのですが、脱毛サロン比較サイトに限らずアフィリエイトサイトのデザインはシンプルなものが圧倒的に多いです。

 

アフィリエイトサイトがなぜシンプルかというと、はさきほどのような読者に疑問を抱かせないという点の他、商品リンクが分かりやすくクリックしてもらいやすいという点もあります。

 

クリックだけではアフィリエイト報酬は発生しませんが、クリックが多いということはそれだけチャンスが多いことに他なりませんからね。

 

2. 使える機能

有料テーマのほとんどが多彩な機能を備えています。

  • 文字の装飾機能
  • SNS連携
  • Google連携(アドセンス、アナリティクス)
  • 会話文

これは一例ですが、だいたいどの有料テーマでも備えている機能です。

ではどういった機能に着目するのかというと、そのテーマにしかない独自機能です。

 

例えばアフィンガー5は標準で商品のランキング機能があります。

最初からランキング機能が使えるのは僕が知る限りアフィンガー5だけです。

 

他にもブログ向きのテーマであるサンゴには、レビュー用のボックスを挿入できる機能があったりと、テーマごとに微妙に違いがあるわけです。

 

有料テーマを選ぶポイントとしては、さきほどの4つの機能(文字装飾、SNS・Google連携、会話文)は最低限備えている+自分にとって魅力的な機能が付いているテーマがよいでしょう。

 

どれだけ機能が充実していても使わなければ宝のもちぐされですからね。

自分にとって魅力な機能というのは、結局どんなサイトを作りたいかに依存するわけですが。

ランキング機能が使えるサイト・ジャンル例

・アフィリエイトサイト全般(物販)
・商品、サービスの比較サイト

レビュー用ボックスが使えるサイト・ジャンル例

・ブログ、アフィリエイトサイト全般
・書評
・映画やドラマ、アニメの感想
・商品レビュー

「サイトを立ち上げてどんな記事を書こうか?(すでにどんな記事を書いているか)」を考えれば、自然と使う機能、使わない機能が見えてくるのでテーマを選びやすくなるはずですよ。

 

3. 複数のサイトで使用できるかどうか

有料テーマの中には複数のサイトで使用できるものと、1サイトでしか使えないものの2パターンがあります。

 

  • テーマA:価格は30,000円、複数サイト使用可能
  • テーマB:価格は10,000円、1サイトのみでしか使えない

 

一見テーマBの方が安いのでそっちに揺らいでしまいそうですよね。

しかしアフィリエイトを中心にしたいのであれば、実はテーマAを選ぶ方がいいです。

 

というのはアフィリエイトをしている方はサイトを複数持っている方がほとんど。

新サイト開設の度に10,000円払うとなると、けっこうな重荷です。

テーマAのような複数サイトに使えるテーマは一度購入してしまえば永久的に使えるので、高そうにみえて実はコスパがいい。

 

1サイトのみでしか使えないテーマの例としてストークがあります。

繰り返しですがストークはブログ向きのテーマ。

アフィリエイトサイトを複数持っている人は多くいますが、ブログを複数持っている方ってあまりいないんです。

 

そのため1サイトでしか使えないというデメリットがあっても、ブログ向きのテーマとしてストークは調人気です。

 

有料テーマにはこのような落とし穴があるので、選ぶポイントの中に価格という項目はあえて入れませんでした。

ちなみにWordPressの有料テーマの価格相場はおおよそ10,000円~20,000円以内です。

 

高い価格の有料テーマとしては賢威がありますね。

25,000円とかなり攻めた価格設定になっています。

 

必ずしも

  • 価格が高いテーマ:良いテーマ
  • 価格が安いテーマ:悪いテーマ

ではないため、価格よりもデザインや機能など重視されることをおすすめします。

しつこいですが必ず自分がどんなサイトを作りたいかを思い描いてからテーマを選びましょう。

 

4. サポート、使っている人の多さ

「CSSでカスタマイズしてみよう!・・・ん?サイトの表示がなんか変だ」

「サイトが真っ白で何も表示されなくなった、どうしよう!」

 

どんなテーマでも使っているうちに「こんな機能があればなあ」となり、プラグインやCSSのカスタマイズを試みることになるはず。

 

HTMLやCSSは一行でも変なことを書いてあるとサイトに全く何も表示されなくなったりと、知識がない方が触ればトラブルメーカーになってしまうんです。

 

そういったトラブル時に役立つのが開発者のサポートや他の同じテーマを使っている人のサイトです。

 

実際僕も開発者の公式サイトに助けられたことがあります。

どれだけ検索しても解決策が出てこなかったのに、公式サイトを見るとドンピシャ。

「半日費やしたのは一体なんだったんだ」と思いましたね。

 

同じテーマを使っている人が多いほどそれだけネットに情報があります。

情報が多いということカスタマイズ方法や設定方法を見つけやすく、自分で実装しやすいということですよね。

 

テーマ名で検索して2ページ目には全く関係のないサイトが出てくるような有料テーマは間違っても買わないようにしましょう。

 

アフィリエイトサイトをするならアフィンガー5がおすすめ

ここまでWordPressの有料テーマはどんなサイトを作るかを決めてから選ぶこと。

そして選ぶ上で重要な4つのポイントについてお話ししました。

 

もしあなたが「ガンガン稼げるアフィリエイトサイトを作りたい!」と考えているなら、テーマはアフィンガー5がおすすめです。

 

  • シンプルなデザイン(アフィリエイト向きのデザイン)
  • アフィリエイトに必須のランキング機能が最初から使える
  • 複数のサイトで使用可能
  • 公式のカスタマイズ解説サイトは超詳しい

とさきほどの4つの項目はすべてクリアしています。

 

公式サイトから購入しても何も特典はありませんが、当サイトを経由して購入して頂くと限定特典も付いてくるのでぜひご検討下さいね

 

以上「」でした!

-その他

© 2020 社畜×アフィリエイト

\ 1商品で200万円稼いだ筆者直伝! /
アフィリエイト“脱”初心者レッスン【無料】
詳細はコチラ
\ 1商品で200万円稼いだ筆者直伝! /
アフィリエイト“脱”初心者レッスン【無料】
詳細はコチラ